2018.11.30開催! 私たちのターニングポイント 千葉清藍さん

今回のゲストは「旅する書道家」千葉清藍(ちば せいらん)さんです。

 

千葉さんは2010年から2011年にかけて、福島県内の全59市町村をまわり、書を書いてこられました。きっかけは始めて開いた個展に対する千葉さんご自身の挫折感でした。「ただ空間の中に書があるだけで何も伝わらない」と言われたこと。時を同じくして書の恩師が亡くなり、書の手本がないと、何も書けない自分に気づいたときでもありました。そこで書道の道具を持ち、旅に出るという決意をしたのですが、福島県に来て10年目という節目でもありました。

また2013年から海外における書道パフォーマンスを中心とした活動もスタート。現地のジャパンフェスティバルなどのイベントに参加したり、教育機関での講義をはじめ、現地住民に書道教室を開いたりするなど、現在7都市、約2カ月間の活動をされています。最初にアメリカで書道パフォーマンスをしたとき、床に大きい紙を敷いて、大きな筆で書きました。地面に向かって書くことが、日本の伝統的な書き方だからです。でも壁に書を書けば大勢が見ることができます。「伝統というのはクリエイトしていくもの」と現地のパフォーマーから言われた言葉に刺激を受けてから、やらないのではなく、やってみて考え、千葉さんなりに美しく書けるよう、墨の調整をしたり、紙を選んだりするようになりました。書道家千葉清藍さん。実は少し前まで社会人として違う顔を持っていました。そのご紹介もさせていただきながら、幼少期から振り返ってみましょう。

 

千葉さんは東京都葛飾区生まれ。会計事務所を経営する両親、4歳年上の姉の4人家族で育ちます。元キックボクサーでもあったお父さまは目立ちたがり屋。そんな父を、母は寛大に包み込むようなタイプでした。しかし千葉さんが小学校5年生の時に両親が離婚。その時お母さまから「離婚してみようかと思うけど、どう思う」と尋ねられ、母親が笑顔でいられることが一番だと思い離婚に賛成。母と姉との3人暮らしを選びます。ただ転校は絶対にしたくなかったので、神奈川県に移った住まいから、毎日4時間かけて通学。当時を振り返るとき母は「苦労をかけた」と言うそうですが、ご自身はむしろその逆で「活きた教育、いい経験をさせてもらった」と今でも思っているそうです。

 

離婚のときに子どもの意見を尊重したように、自分の気持ちを尊重してくれた母との生活。通学時間の長さなど、大変なこともありましたが、吹奏楽部で打楽器と出会った小学校時代、デザインを学ぶ傍らバンド活動に明け暮れた高校時代と学生生活を楽しんだ千葉さんは高校時代に学んだCG(コンピューターグラフィックス)から映像に興味を持ちました。「テレビカメラマンになりたい」という気持ちが固まっていたので情報系の学校に進学。トップの成績で卒業し、東京の番組制作会社に就職しました。

 

実は物心ついたときから「顎変形症」という病気を持っていた千葉さん。顎が変形してしまうという珍しい病気で、その治療に20年以上かけていました。憧れのテレビカメラマンの仕事に就いてまもなく手術。上あごと下あごを完全に切り離し、6本のボルトであごをとめている状態でした。話すこともできない状態だったので、仕事のやりとりはすべて紙に書き、長時間カメラを持った日の夜は、口からでた血で枕が汚れていたこともしばしばあったそう。手術後のリハビリにあてた1年半は、食事も流動食しかとれない時もありながら、夢中で過ごした、まさに色のない時代だったといいます。その苦労から解放されたのが27歳のとき。「ここから青春の始まりだな」と思ったとか。5年間のカメラ担当から音声に移った9年。計14年間の経験は、アメリカで書道パフォーマンスをするとき「照明」「音響」などプログラムを行う中ですべて生きているといいます。テレビの仕事も書道の仕事も両方共に続けて行きたいと思っていたのですが…。

 

報道の仕事は事件や地震、事故があれば、昼夜問わず出勤。大切な書道の講師の仕事をドタキャンすることもあるかもしれません。報道の仕事で知り合った仲間たちと、心に決めた期間は共に仕事をし、その後は書の世界で独立しようと決心し、2014年に独立しました。千葉さんの人生のターニングポイントを、ご自身の言葉でまとめていただいたものをご紹介しましょう。

 

●千葉さんにとって書道とは

書道は楽しさもあれば、トラブルや困難に出会うこともありますが、自分の中で時に剣や鎧にもなります。筆つかいや感性を磨くトレーニングを怠れば錆びるし無限に広がる書の自由も見えなくなるのだと思います。

アメリカに行くようになり、書道の新たな一面を見ることができるようになりました。書道と共通している地球上のものをあえて挙げるとするならば、「清流」清らかな水の流れです。美しい水を書の伝統だとすれば、それらは循環してこそ美しさを保てるのだと思います。どんなに美しい水でもとどまっていればいつか腐ります。しかし無理に循環させたりすれば、環境自体が壊れることもあります。書道が美しい清流であるためには、「循環という創造」と「環境という敬意」が大切だと思っています。

 

●千葉さんにとって仕事とは

これまでの約40年は就職難だった時代にも関わらず、好きなテレビの仕事に就職することが出来ました。現在はテレビカメラやマイクが筆に変わっただけで仕事のスタイルは変わっていないと思います。

クライアント様の要望にこたえられるように最善を尽くす。そのための技術向上は当たり前で、「できない」「無理」などの言葉は使わない。どうしても難しいことは、解決法を模索して時に代案を提案するなど、量より質を重視することが信用や信頼につながると思っています。それらは全てテレビ時代に学んだことです。

 

●千葉さんにとって結婚・出産とは

現在は夫、長女3才、長男2才(2019年3月現在)と生活していますが、書家としての独立と同時期に結婚、その数か月後に妊娠をしました。独立後の仕事上のプランも海外活動も約束をしていたので、それらはすべて出産の有無に関わらず決行しました。

気が付けば、出産前夜まで筆を持ち、お産道具に書道道具も入れていたので出産翌日から病室で筆を持ち、取材等の仕事も病院でお引き受けしました。毎年2カ月ほど家を完全に空けて海外活動をしていますが、支えてくれている夫とそれぞれの両親、子どもたちに感謝しつつ、自然の流れに身を任せて今日に至ります。

 

●これからやりたいこと

書家という仕事は、赤ちゃんの命名書から墓石の刻字まで一生の大切な場面にも出逢うことがたびたびあり、出逢った時には私自身の準備は完了していて、相手に寄り添った書を提案できることが理想です。そのためには書の技術向上はもちろん、時代に合った考え方や作品の雰囲気、さまざまな感性トレーニングは欠かせないと思っています。

また、日本文化である書道に関して、海外の地方都市に行くと「書道って何?」と聞かれることがあります。私は書道が当たり前の日本文化として知られ、それぞれの人々が一生に一度でもいいから大切な言葉、フェイバリットワードをしたためる時間を共有したいと願っています。

禅語に「我逢人(がほうじん)」という言葉があります。我、人と逢うなり。出逢いの尊さを意味しています。小学生の時、母と一緒に暮らすことを決心してからずっと、人とのご縁を大切にしてきた千葉清藍さん。書を通して広げていかれる世界を、これからも楽しみにしています。

聞き手:武田悦江

撮 影:三部香奈